コップと薬を持っている

淋病とは

アジーという抗生物質は感染症の治療薬として用いられています。治療できる症状はいくつかありますが、ここでは「淋病」について紹介します。
淋病というのは性感染症の一つです。性感染症の中でも最も古くから存在していると言われています。
セックスをすることで感染する病気ですが、お互いの性器を合わせるだけではなく、オーラルセックスでも感染します。
この淋病の恐ろしい点は「自覚症状がほとんどない」ということです。そのため、知らず知らずのうちに自分が感染している恐れがあり、性行為をした相手にも感染を広めている可能性があります。自覚症状がないということで症状が進行してきます。女性であれば卵管炎、腹膜炎、子宮頸管炎などを起こします。男性であれば、尿道炎、精巣上体炎などを起こします。
発祥の確率は30%と言われています。つまり、3回に1回は感染するということです。非常に高い感染率ということがわかりますよね。感染した場合にはすぐに症状が発症するというわけではなく、1週間程度の潜伏期間があります。個人差はありますが、だいたい1週間以内には症状が発症すると言われています。ほとんど自覚症状はないものの、男性であれば尿をするときに痛みを感じる、ペニスから白っぽい膿が出るということです。女性であればオリモノの量が増え、臭いがきつくなるということです。
こうした症状を感じるという場合には早急に病院で診察を受けましょう。どんな性感染症でも早急な対応が望まれますので、通販でアジーを購入するか検討しているという場合も最初は病院へ行くことをおすすめします。
再発を防止する、長期アジーを服用する必要があるという場合であればネット注文をしておくと良いでしょう。